社会・環境と健康 教育の目標と出題のポイント

◆社会・環境と健康

○教育の目標
人間や生活についての理解を深め、環境や社会が人間の健康をどう規定し左右するのか、また人間の健康を保持増進する為の環境や社会はどうあるべきなのかなど、環境や社会と健康の関わりについて理解することです。

○出題のポイント
人間の健康を規定する要因として環境・社会を理解し、主として集団を対象にした健康の維持・増進プログラムを実践するための知識や技能を問う構成となっています。

個人や社会においての健康課題を明確化し、適切にアセスメントする為の方法や理論を身につけることが求められ、必須事項の大項目として、健康の概念、環境衛生、公衆衛生の概念、健康へ影響を及ぼす生活習慣(ライフスタイル)に関する事がとりあげられます。

また疫学の原理と方法、科学的根拠(エビデンス)に基づく健康対策も必須事項と考えられます。

個人や社会における生活習慣の変容を促すための技法として、行動科学の基礎的事項は「栄養教育論」との関連で問われ、また疾病予防やヘルスプロモーションを地域社会等において点刑する際のには、医療、保健、福祉、介護制度などや関連法規に関する知識が必要です。

社会・環境と健康 教育の目標と出題のポイント