栄養士・管理栄養士の仕事の場

栄養士・管理栄養士の仕事の場は、集団給食の管理や栄養指導だけとは限られなくなってきており、食生活や健康のスペシャリストとして、新しいさまざまな分野での活躍が期待されています。

就業場所豊富な仕事の場から、自分自身に合った将来のための進路を探すのが一番大切です。

病院、学校、福祉、行政、保健所・保健センター、地域活動、病院栄養士、矯正施設、産業、研究、教育養成、スポーツクラブ、スポーツ栄養分野、スポーツ栄養指導など、栄養士・管理栄養士の仕事の場は広い分野に及びます。

みなさんがどこの就業場所で働くにしても、医療職としての資質を備えて、その時代のニーズに応えることが重要です。

栄養士・管理栄養士は国民の健康増進、疾病の予防、疾病の治療などを通して、これからの医療・保健・介護・福祉を支えていく職業として、とても立派な専門職です。

栄養士・管理栄養士の仕事の場


栄養士、管理栄養士の就職状況は、私たちの生活に欠かすことのできない「食」についての専門家で、幅広い分野で活躍できる大きな可能性を持っているのです。

世の中は就職難の時代で、待っているだけでは自分の希望条件に合った就職先はなかなかめぐり合えなく、栄養士の場合各職場に栄養士は2〜3人、少ないところではひとりというような職場もありますので、毎年必ず求人が出るという状況ではないところも多く、情報が伝わりにくいところがあります。

しかし栄養士・管理栄養士の就業分野も広くなり、フリーで地域の人々への栄養相談を行ったり、スポーツ選手にコンサルタントをしたり、またマスコミを介して執筆活動や講演活動をされている栄養士・管理栄養士も増えてきていますので、これから発展していく分野も多々あると思われます。

また、就職した会社により「委託」と「直営」があります。

委託と直営の違いは、栄養士・管理栄養士の多くが働く産業給食施設のほとんどが「委託給食会社」の運営によるもので、委託給食会社とは、企業の社員食堂などから依頼され、社員を派遣する会社のことです。

委託給食会社に就職した栄養士・管理栄養士は、会社から派遣されて給食施設で働くのですが、所属は委託給食会社になり、今では福祉施設や病院などでも委託会社に委託している場合も増加してきています。

また「直営」の栄養士・管理栄養士とは、企業、病院、施設などに勤務している栄養士・管理栄養士のことですが、企業、病院、施設などによっては、給食管理業務は委託会社に、社員や患者さんの栄養相談などは勤務している栄養士・管理栄養士の業務、と分けて運営している企業、病院、施設なども多くあります。

栄養士・管理栄養士の仕事の場