産業栄養士・産業管理栄養士の仕事

・産業   
産業とは、事業所・工場・寮・社員食堂など、働く人たちの健康管理・給食管理・栄養指導などを行っています。
最近ではスポーツクラブ・フィットネス施設などで、趣味で運動をしている人からアスリートまで、スポーツに取り組む人々に食事と栄養の情報を与える栄養指導が注目されています。

・産業栄養士・産業管理栄養士の仕事
産業栄養士・産業管理栄養士の仕事とは、給食施設のある社員寮や宿舎、事業所や企業の社員食堂などで働く栄養士・管理栄養士のことです。

こうした事業所の社員食堂では、1回100食以上または1日250食以上、社員寮や宿舎で、1回300食以上の給食を作る場合には、栄養士を置かなければならないことになっています。

このような社員食堂などでの仕事は、病院給食などのように食事制限などがなく、健康な働き盛りの人々が対象となっているだけに、それほど高度な専門知識を必要としない比較的ラクな分野じゃないかと思われがちですが、成人病の予防はそこで働く人たちにとってとても重要なテーマであって、栄養士・管理栄養士のもつ専門知識はここでも重要視されています。

産業栄養士・産業管理栄養士の仕事


これまでの産業給食はできるだけコストを抑えようという企業側のニーズもあって、単一メニューのセルフサービス方式や、給食センターからの出前方式といったケースが多く見られました。

豊かな時代とともに利用者の好みが多様化してくると、単一メニューの給食では満足してもらえなくなり、そこで複数のメニューから好きなものを選択できるようにしたり、カフェテリア式の食堂を始める企業なども増えてきています。

産業栄養士・産業管理栄養士は、給食施設のある社員寮や企業の社員食堂などで働く栄養士・管理栄養士のことですが、利用者である従業員の好みを把握するために、アンケートなどで要望を定期的に調べます。

できるだけ食べる人のニーズにあったメニューやサービスを取り入れ、社員の栄養管理や健康管理にも配慮したうえで、成人病の予防や健康増進につながるメニューを提供していくことが大切です。

産業栄養士・産業管理栄養士の仕事