公衆栄養学 教育の目標と出題のポイント

◆公衆栄養学

○教育の目標
地域や職域等の健康・栄養問題とそれらに関連する社会・経済・自然・文化的要因に関する情報を収集、分析して、総合的に判定・評価する能力を養うこと。

医療・福祉・保険・介護システムの中で、栄養上のハイリスク集団の特定と、あらゆる健康・栄養状態の方に対し、適確な栄養関連のサービスを提供するプログラムの作成・実施・評価の総合的マネジメントに必要な方法と理論を修得すること。

各種サービス・プログラムの調整、栄養情報の管理、コミュニケーションの管理、人的資源等の社会的資源の活用等の仕組みについて理解すること。

 

○出題のポイント
集団の栄養問題やニーズを把握して、適確な公衆栄養プログラムを計画・実施・評価・モニタリング・フィードバックするための技能と知識を問う構成とされています。

・公衆栄養マネジメントのや既存の理論的枠組み・コミュニケーション理論を理解して、 公衆栄養マネジメントの枠組みを組み立てることができるかを問うとされています。

・公衆栄養プログラムの計画策定、実施する手法・技能を問い、具体的な公衆栄養プログ ラムについての理解も問うとされています。

・基本となる栄養疫学では、食事摂取量の測定方法、主に食事調査法を重視して出題し 、栄養疫学アセスメントを理解している、栄養問題と健康問題の把握方法を理解し、公衆 栄養プログラムの策定に際し具体的に活用できるかを問うとされています。

・公衆栄養プログラムを評価するための指標や情報収集の方法、また目標達成状況の検 証方法を理解して、それを活用できるかを問うとされています。

社会・環境と健康 教育の目標と出題のポイント