研究機関・食品関係企業の栄養士、管理栄養士の仕事

研究機関・食品関係企業の栄養士、管理栄養士の仕事とは

・研究   
研究とは、大学の研究室や食品関係企業の研究所で、食品の成分を調べて性質や機能について、農薬や殺虫剤、食品添加物などの有害物質について、人体のしくみ・機能についてなど栄養・衛生にかかわる調査・研究・開発をしています。

なかでも、企業の新製品開発に携わる分野は特に注目されてきています。

・研究機関  
研究機関とは、大学の研究室の助手や食品関係企業などの研究所で、栄養に関する研究などに携わる栄養士・管理栄養士がいます。

また最近では食品会社の研究所などで新製品の開発に携わる分野が注目されています。

ここでは栄養士の資格そのものより、資格を得るために学校で身につけた専門的な知識や技能が評価される職場だといえます。

食品会社の研究所などで新製品の開発をしている栄養士・管理栄養士は、新製品開発のための市場調査や企画立案をしたり、それを商品化するための試作や試食、研究、実験などを繰り返し行い、さらに最終的な商品ラインや流通システムを開発するなど、商品の開発から生産に至るまでのさまざまな過程の分野に携わっています。

研究機関・食品関係企業の栄養士、管理栄養士の仕事


・食品関係企業の営業・販促   
食品関係企業の営業・販促とは、治療食に使われる低ナトリウム食品、低タンパク食品、高タンパク食品、栄養剤などの特殊食品を病院給食用にセールスしたり、給食用の食品を学校や企業などといった給食施設にセールスしたりする分野でも、専門知識のある栄養士・管理栄養士が必要とされています。

また、一般の消費者に向けて新商品を紹介したり販売促進のデモンストレーションをする際にも、栄養士・管理栄養士としての食品知識や栄養知識が役立つ傾向にあります。

また、一般消費者に向けて栄養士・管理栄養士としての食品知識や栄養知識を活かし、新商品の販売促進を行っています。

たとえばさまざまな食品やその関連商品を販促するために、それらがもつ特性や栄養バランス、あるいは病気を予防する見地から説明したり、実際のメニューにはどのように取り入れたらよいか調理例を説明したりしています。

正確な栄養知識に基ずく説明で、主要な購買層である主婦や女性の信頼を得ながら活躍する場でもあります。

研究機関・食品関係企業の栄養士、管理栄養士の仕事