管理栄養士資格とは

管理栄養士資格とは、資格としても栄養士資格よりも上の資格です。

栄養士資格・管理栄養士資格のことをあまり知らない方にわかりやすく説明すると、管理栄養士資格は栄養士資格よりもより高度な技術や専門知識が必要とされます。

栄養士免許を取得し、栄養士として一定期間の実務を経験していれば、管理栄養士国家試験を受験する資格が得ることができますが、管理栄養士に求められる能力として、企画立案の能力、栄養教育の能力、調査研究・開発の能力、より専門的な知識・技術の能力、経営管理に対する能力などがあげられます。

では、栄養士と管理栄養士の仕事の違いを見てみると、

栄養士の仕事は「栄養指導」と「給食管理」に分けられ、「栄養指導」は、病院や保健所などで生活習慣病の治療、予防する為の献立や調理法、また正しい食事法のアドバイスなどがあります。
「給食管理」は、社員食堂や病院、また学校や保育園などの献立や調理の指導、他にも食材仕入れなどがあります。

管理栄養士とは


管理栄養士の仕事は、栄養士よりもより専門的な知識と技術を必要とし、栄養指導や集団の食事・栄養の管理指導などがあります。

また都道府県・保健所・特別区などの専門的な栄養相談も行います。

管理栄養士はより専門的な栄養指導を通じて国民の健康の保持増進、傷病者の栄養療法、疾病の予防、疾病の治療等にあたるなど、保険、医療、学校、福祉、産業等の分野で活躍する専門職種です。

管理栄養士は医療職の立場に立って、栄養状態の評価・判定、対象者の栄養スクリーニング、栄養診断に基づいた栄養管理、より専門的に高い栄養指導・病態栄養指導などが、業務として求められています。

難しくてわかりにくいかも知れませんが、管理栄養士は栄養士に比べて、仕事内容や求められる業務内容なども違ってきます。

管理栄養士とは