病院栄養士、病院管理栄養士の仕事

・病院   
病院などで、入院患者のために病院給食を用意したり、病気の治療・回復・合併症の予防を目指し、患者さんの栄養管理や栄養指導を行います。

また、食事療法が必要な入院患者に説明をしたり、自分で食事管理をしなければならない通院患者に注意事項を指導したりします。

患者さんの健康と直結する責任ある仕事であり、最新の医学知識も身につけておかなければなりません。

・病院栄養士、病院管理栄養士   
病院栄養士、病院管理栄養士とは、病院給食の常食・流動食・減塩食・低カロリー食・小児食・離乳食・特別食まであらゆるタイプの食事が揃っています。

そこでは単なる栄養知識だけではなく、医療の現場に密接した臨床的な専門知識や病状に関する医学的知識、食べた栄養がからだの中でどのような代謝とかかわり、治療効果を高めることができるのかといった生理学的な知識まで、幅の広い専門的名知識まで必要とされます。

・病院栄養士、病院管理栄養士の業務   
病院栄養士、病院管理栄養士として、入院患者や外来の患者を対象とした栄養指導という業務があります。

これは、食事療法が必要な成人病の患者に日常の食事や栄養摂取の仕方を説明したり、妊娠中のお母さんに母親学級などで栄養管理の注意を呼びかけたりすることです。

また、特に最近は入院期間をできるだけ短くする努力が必要になってきていることもあり、この場合栄養士・管理栄養士による専門的な栄養指導、食事指導が重要になってきています。
 
病院栄養士、病院管理栄養士は、生活習慣病予防、高齢者の低栄養状態など栄養が大きくクローズアップされていますが、そうした中で特に、傷病者に対する栄養管理の専門職として、医師やほかの医療スタッフ・患者さんにとって必要不可欠な存在として、そのニーズにどう応えれるかが問われます。

06年、新カリキュラムでの資格取得した管理栄養士が医療現場に立つことになりました。

栄養士、管理栄養士が医療の現場に積極的に関わることが認められている病院は数少なく、特に医療の分野は日進月歩で進んでおり、臨床栄養学についてもさまざまな病状と食事療法が密接になり、特別食の種類や内容もどんどん複雑化するなど、栄養士、管理栄養士の最新の知識が必要とされるため、栄養士、管理栄養士の活躍が期待されています。

病院栄養士、病院管理栄養士は、患者の症状や治療段階に応じた個々人別のクリニカルサービスやフードサービスを提供する一方で、その就業する病院の特性などに合わせたトータル栄養マネージメントが求められています。

・病院栄養士、病院管理栄養士の業務内容  
病院栄養士、病院管理栄養士の主な業務内容は、患者さんそれぞれの食事の種類など基本的な摂取栄養量などは、担当の医師の指示が出されますが、栄養士、管理栄養士はこの指示に従って、具体的な献立を立てます。

献立が決まったら、それにそって必要な材料のリストを作成し、業者に注文します。

調理作業が始まったら調理場に行って作業を手伝ったりします。

また、基準となる栄養所要量、食品構成の設定、献立作成、残菜調査、価格調査などの実施をする栄養管理があります。

他にもいろんな業務があります。

・食数(どんな種類の食事を何回分用意するか)の集計・指示など、食品の発注事務、在庫管理、調理の作業手順の管理や調理・盛り付け・配膳などの指導をする給食管理があります。

・外来や入院患者を対象とした個人指導の計画と実施、成人病教室(糖尿病教室、肝臓病教室など)・妊婦を対象とした母親学級など集団指導の計画と実施をする栄養指導。
  
・設備、器具類の管理、整備、食品や器具類、その他の衛生管理、医師や看護婦など病院スタッフとの連絡業務など、

さまざまな業務をこなさなければなりません。

病院栄養士、病院管理栄養士の仕事


・病院給食管理   
病院給食管理とは、入院している患者さんに食事を提供する仕事です。

朝・昼・晩3食を1年365日提供するため、早番・遅番など交代制勤務が基本になります。

また、食事制限を受けていない人のための一般職、減塩食や低タンパク食など病状によって用意される特別食、手術などで固形物が摂れない人のための流動食などさまざまなタイプがあり、献立は3週間〜1ヶ月程度で同じメニューが回ってくるサイクルメニューが一般的です。

肉か魚か、和食か洋食かなどを選べる「選択メニュー」を取り入れたり、患者さんが喜んでくれる、また楽しめるような食事構成など、患者さんのことを考え工夫している病院も増えてきています。

・病棟で栄養指導   
病棟での栄養指導も栄養士の大切な仕事のひとつです。

栄養指導は保険診療の点数として加算されるので、その場合管理栄養士が栄養指導を行うということが法律で定められています。

病棟では、特別食が出されている患者さんに食事内容を説明したり、病状などにより食事が取れない患者さんの様子を見に行ったり、食事に不満や希望がある患者さんの意見を聞いたりしています。

また、病棟での栄養指導は、管理栄養士だけでなく栄養士も行うことができます。

・外来で栄養指導   
外来での栄養指導も栄養士の大切な仕事のひとつです。

糖尿病や肝臓病などで食事療法が必要な患者さんに、食事メニューの紹介や自分で食事ができるようになるよう指導します。

患者さんのつけた食事記録や検査データを参考に、問題点や注意点を考え、具体的なメニューや調理法をアドバイスするなど、数回にわたって栄養指導を行います。

・NST(Nutrition Support Team)   
NST(Nutrition Support Team)とは、最近注目されている医師・看護師・栄養士・薬剤師などが集まって患者の栄養管理を行う医療チーム、NST(Nutrition Support Team)のことです。

日本の病院ではまだまだ数少ないのですが、海外では、特に米国などではかなりの医療機関で採用されていて、NSTのスタッフになるための資格試験制度もあります。

こういった病気治療に関わる存在として栄養士の力が必要とされる時代がやってきました。

・NST制度について 
欧米では、効果的な医療を行うために、栄養の評価・補給の医療班(NST)が組織され、これに参画するために認定臨床栄養師(CNSD)が養成されています。

米国のDietitianは、ベッドサイドで患者さんの栄養状態を判定・評価し、それにもとづいた適切な栄養の補給・管理をしたり、また栄養教育のなどの仕事にも取り組んでいます。

これからの日本でもこのように各病棟に配置される日が来るでしょう。

NST制度を導入しているところは日本ではまだ少ないようです。

NSTのメンバーは、医師、看護師、薬剤師、栄養士、場合によってはリハビリステーション科の医師が入ることもあります。

褥そうチームでは皮膚科医、形成外科医、リハビリステーション科医、褥そう専門の看護師2人、薬剤師、栄養士です。

栄養部のなかでは、NSTにかかわる栄養士は消化器班、糖尿班、肝臓班などに分かれていて、必ず先輩・後輩が2人1組でチームにはいるようになっています。

病院栄養士、病院管理栄養士の仕事